【ドキドキ100%】湯けむり出張6泊7日! 人妻上司とまさかの相部屋!?

湯けむり出張6泊7日!

~泥酔した人妻上司の身体をまさかの貪り放題~

 

キキの感想

絵の綺麗さ:★★★★☆
エロ度  :★★★★☆
依存度  :★★★★★
1話価格 :★★★★☆

湯けむり出張6泊7日!の魅力

可愛い顔をしている人妻など、イラスト自体はポップではあるものの、性描写がとてもリアリティーがあり、性器も生々しく描かれているのがこの漫画の見所です。舞台が温泉ということもあり、温泉のなかでのいちゃラブなど誰かに見られてしまうかもしれないというドキドキと、野外プレイにも似た解放感あるプレイも堪能することができます。始めは戸惑っていた人妻上司が出張で繰り広げられる秘密の関係のなかで快楽を覚えて大胆に、そして正直になり、初めて関係を持ったときの反応との違いにも注目です。

湯けむり出張6泊7日!のあらすじ

口煩い人妻の上司と出張することになったものの、主人公の手違いによって部屋をひとつしか準備しておらず流れで上司と同じ部屋に泊まることになるのでした。お酒が入った女上司は説教を延々としてきたためうんざり。しかし、上司は酔いつぶれて眠ってしまうのでした。口喧しくても体はエロテックで、主人公は説教の仕返しと称して酔って寝ている人妻の体を触り始めるのです。ほんの少しだけのつもりが、意外といい体をしている人妻上司にムラムラが抑えきれず、寝込みのイタズラはどんどんとエスカレートしていくのでした。

読んでみた感想

口うるさくて面倒な人妻上司の体を弄んでいるという設定にドキドキさせられました。酔っているとはいえ、いつ目を覚ますかわからない中で大胆に体を触り攻めていくのは起きたらどうするのというドキドキと、リアルな描写に抱くドキドキの両方を感じさせられました。写真を撮って脅し、出張中だけ関係を持つように迫るというあまりにも強引なやり方ながらも、人妻の上司が自ら秘密の関係を楽しむようになっているのを見ると、こうなることを期待していたのかなと思ってしまいました。温泉でのプレイも官能的で終始色々な意味でドキドキさせてもらえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です