【画像・あらすじ】将棋部の文系巨乳美少女詰美ちゃんが先生を詰めてみた。

将棋部の文系巨乳美少女詰美ちゃんが先生を詰めてみた。

~「なんでもお見通しですよ…♪」俺の考えていることを詰美に見抜かれて…~

 

キキの感想

絵の綺麗さ:★★★★★
エロ度  :★★★★☆
依存度  :★★★★☆
1話価格 :★★★★☆

将棋部の文系巨乳美少女詰美ちゃんの魅力

優等生で巨乳の文系の女子の詰美ちゃんが顧問の先生を官能的に迫り、勝負をかけていく姿を堪能することが出来ます。タイマーをかけて顧問が絶頂に達するか否かを勝負にかけるため、詰美ちゃんがかなり大胆に迫っていく姿はエロティックで、制服姿で巨乳を武器にして迫っていき、こうして欲しいという男の気持ちを見透かしているように、男の憧れの行為で攻めていく姿は可愛くてゾクゾクするほどセクシーで、学校の部室で行われているということが背徳感があり、女子校生に迫られる男の夢をとことん追求し描かれている作品です。

将棋部の文系巨乳美少女詰美ちゃんのあらすじ

将棋部のエースで優等生の美少女詰美ちゃんの顧問になったものの、顧問なのに将棋で勝てる要素がなく自信なさそうにしていると、天才美少女は自分との勝負に勝つことが出来たら、顧問として認めてあげると持ちかけるのです。その勝負というのは美少女から受けるエッチな攻めに耐えることだったのです。どうにか我慢しようとするものの、将棋でも五手も十手も先読みをすることができる美少女は、顧問の考えも先読みをしており、やってほしいと思っていることを先読みしてどんどん攻撃していくのです。

読んでみた感想

将棋というエロとはかけ離れているような文学的な部活動を題材にしているのですが、それがまた魅力を高めています。優等生で将棋部のエースが服を脱いだら凄かったというギャップがたまりません。上目遣いで心理戦のように男の反応を見ながら攻めていく将棋部の美少女は、とてもテクニックがあり、心理戦が得意なだけではなく、性的な面においても高度なテクニックを持っていることにドキドキさせられます。迫られる顧問の目線で巨乳の美少女に迫られている様子が描かれていることが多いため、擬似的な感覚で迫られているシーンも楽しむことができ、美少女の視線と攻めの言葉にドキドキさせてもらうことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です