【ネタバレ感想】搾精学級 ~性格最悪の女子しかいない学校で性的イジメ生活~

搾精学級

~ 格最悪のJKしかいない学校に転校してきた僕 ~

 

キキの感想

絵の綺麗さ: ★★★★☆
エロ度  : ★★★★☆
依存度  : ★★★★★
1話価格 : ★★★★☆

搾精学級のあらすじ

主人公のウチダという男子は、親の仕事の都合によってSNSで性格最悪な女子しかいないという学校に転校することになってしまい、不安しかないなかで向かえた転校初日、ウチダのクラスはなぜか女子ばかりで歓迎されていない雰囲気を感じ取ったのです。

実はこの学校には男はおらず、ウチダが始めての男子生徒。

教室にいることすらも息苦しく感じでしまい、ウチダは男子トイレに逃げ込んだのですが、そこになざか女子も入ってきて、ウチダの性器を観察し始めたのです。

おもしろがって性器をおもちゃにし始め、転校初日から壮絶な性的ないじめがウチダを襲い始めるのでした。

搾精学級 のネタバレ

いじめの主犯格はイチジョウという女子。

学生らしからぬ胸元が開いた大胆な格好でウチダに近づいてきたのです。

トイレでウチダの性器をおもちゃにし始めたイチジョウは自分の下着を見て興奮したウチダを見てある女子生徒を呼び出します。

その女子はイチジョウの言いなりになっている、いかにももう一人のいじめられっこというようなかわいらしい女子。

その女子にイチジョウが下着を見せるように命じると、嫌がりながらも拒絶することができずに下着を見させ、ウチダはその下着を見せられながら性器を上下に擦られて我慢することができなくなっていき、とうとうスカートをめくり上げている女子の下着に射精をしてしまうのでした。

初日から壮絶な性のいじめを受けた主人公ですが、もちろんこれだけでは終わるはずがありません。

その日から、主人公といじめられっこの女子2人を使った、性的ないじめが繰広げられ、学園は性に満ちた空間へと変わっていきます。

読んでみた感想

学校を舞台にしたいじめと称した逆レイプシーンは序盤から過激でした。

男子の性器に興味があるからと覗き込んだり、掴んでシコシコとしたりする姿は学生らしい性的ないじめいうような感じがしますが、その言動がドンドンとエスカレートしていくストーリー構成がリアルで次はどんないじめを繰広げるのか目を離すことができませんでした。

くまのぬいぐるみとのプレイであったり、マニアックなプレイも多く、いじめっこが主人公のものを欲するシーンなどもとても刺激的でイラストはシンプルであるもののその描き方はすごいの一言につきます。

\ 無料試し読みは画像をクリック /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です