【転移×嫉妬×襲撃】ゴブリン×女子校生×崩壊(てごめんたる)

ゴブリン×女子校生×崩壊

~ 転移×嫉妬×襲撃 ~

 

キキの感想

絵の綺麗さ: ★★★★★
エロ度  : ★★★★★
依存度  : ★★★★☆
1話価格 : ★★★★☆

ゴブリン×女子校生×崩壊 の魅力

異次元に迷いこんだ学生たちが醜いモンスターに無理やり犯されてしまうという、人外ものが好きな人にはたまらない作品となっています。モンスターに犯されないために必死に幼馴染みを守ろうと奮闘しながらも、モンスターに敵うはずもなく、呆気なく目の前で犯されてしまうという寝取られ要素も堪能できます。
ムッチリとした生々しい学生らしい女子の体が人外に汚されていくなかで、悲痛の叫びが快楽の叫びになりながらも、それでも快楽落ちはしない姿はリアルすぎて、そばで廻されている女子を見ているようなゾクゾクを得ることができます。

ゴブリン×女子校生×崩壊 のあらすじ

修学旅行のために乗っているバスのなかで、主人公は幼馴染みで互いに意識はしているもののなかなか進展しない女子のことを親友に心配されて疎ましく感じていました。バスは無人の車が事故に遭ったといういわく付きのトンネルへと入ると、急にクラスメイトを乗せたバスは大きく揺れ始めたのです。

次に目を覚ますとそこはトンネルではなく見知らぬ場所。しかも地図は遥か昔のもので、バスに乗っていた学生たちはいつの間にか異次元にワープしてしまったのです。そこにはこの世のものとは思えないモンスターが現れ、女子たちを食いものにしていき、その恐ろしい魔の手は幼馴染みにまで伸びるのです。

読んでみた感想

序盤は学生らしい恋ばなで盛り上がり、ほのぼのさせられましたが、急激に空気が変わるという設定には恐怖を感じます。同じクラスで笑っていた女子が、醜いモンスターに次々と犯されてしまう惨事、性欲が尽きないモンスターに狙われてしまった幼馴染みのことを絶対に守りたいと必死になる姿は青春そのものです。
わかってはいるものの、呆気なく主人公が見ている前で犯されてしまう無念さや無理やりねじ込まれたもので悲痛の声をあげる姿は残酷ながらも、リアルな幼馴染みの反応や訴えるように助けを求める視線にドキドキさせられました。すぐに快楽落ちをしてしまうものとは異なり、最期まで襲われる残酷さとエロさを上手く絡み合わせて描いてあり、見応え抜群でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です