姉妹丼いただきます(まるころんど、暗中模索)

姉妹丼いただきます

~姉妹丼!そういうのもあるのか~

 

キキの感想

絵の綺麗さ:★★★★☆
エロ度  :★★★★☆
依存度  :★★★★★
1話価格 :★★★★☆

 

姉妹丼いただきますの魅力

正にタイトル通りに姉妹丼を堪能できる作品です。しかも、姉妹はリアリティーある正真正銘のロリっ娘な二人。小さなおっぱいに、毛も生えていない幼気な少女の体は、純粋なのはその見た目だけで、男の体を知っている姉妹はお客さんを相手に大胆ながらもちょっと恥ずかしそうに行為を行う姿が見物です。
姉妹を並べて、迷うことなくロリの穴に挿入し、激しいピストンで突きまくり、ロリな素朴でかわいい姉妹を正に食べ尽くすエロシーンは激しさのなかに儚げな感じもあり、無理矢理レイプするといったものではありませんので、罪悪感なく楽しめます。ロリ好き、複数プレイ好きにはたまらない作品です。
二人同時にお掃除フェラからのキツキツの穴にねじ込み、涙目で受け入れるロリ姉妹は必見です。

姉妹丼いただきますのあらすじ

出張を終えた主人公は地元の料理を楽しもうとふらりと中に入ると、海鮮料理が並ぶなかで、三万円の姉妹丼が目に入り、試しに注文してみることに。注文を受けると奥の部屋へと通され、まだ発育途中の制服を着た少女と幼い少女二人が布団の近くで座っており、訳が分かっていない注文したお客に少女は小さなおっぱいをポロリと出して、姉妹丼を理解させて誘ってくるのです。
戸惑いながら三万円分楽しもうと張り切る主人公は二人の小さなおっぱいを揉み始め、パイパンは指を入れるとクチュクチュと音をたて糸が引いていくのでした。姉妹丼を堪能する主人公はパンパンになってはち切れそうな下半身を露にして下半身をとろとろにしている姉妹を並べて尻を向かせて一気に挿入するのでした。

読んでみた感想

小さな胸のロリ姉妹が家の伝統のために文字通りに一肌脱ぎ、男性を楽しませる姉妹丼。なかなか刺激的です。毛も生えていないツルツルの下半身の食べ比べ、下の口でも上の口でも楽しみ、キツキツの穴を堪能する姿はなかなかで、主人公はロリ姉妹との姉妹丼を知っていて訪れたのではないかというくらいに、姉妹丼の楽しみかたを熟知していて、姉妹交互に挿入できるように重ねたりと、姉妹丼ならではのプレイが堪能出来ます。
姉妹二人の性格の違い、姉妹丼をさせられることへの思いなども異なるため、単なるご奉仕というだけではない姉妹丼の魅力が堪能できました。

\ 画像クリックで無料試し読み /
▼   ▼   ▼

作品をスグ読んでみる

※公式ページへのリンクになります。
購入、サンプル画像、試し読みができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です