共学になった元男子校にチョロい性格の女の子がたった一人だけ入学したら

共学になった元男子校に

~ 私…今から一晩中みんなからハメられちゃうんだ…♪ ~

 

キキの感想

絵の綺麗さ: ★★★★☆
エロ度  : ★★★★☆
依存度  : ★★★★★
1話価格 : ★★★★☆

共学になった元男子校にのあらすじ

これまでずっと男子校だった学校がとうとう共学になり、男子たちはこれでむさくるしい男だらけの生活とはおさらばだと思っていたのです。

しかし、入学当日、男子だらけの新入生のなかに女子はたった一人だけという状態にがっかりする男子たち。

しかし、そのたった一人の入学制の女子は、男子たちにとっては女神みたいな存在となっていくのです。

一見すると真面目そうな顔をしているものの、大きな胸は今にもシャツのボタンをはじ飛ばしてしまいそうで、下着が見えそうなミニスカート姿にむちむちの足という、思春期真っ只中の男たちには刺激が強すぎる見た目の女子にセクハラまがいの発言をしたり

どんどんとその言動がエスカレートしていき、校内でたった一人の女子を困らせてしまうのですが、だんだんと女子も男子たちに囲まれる生活を楽しもうとしていくのです。

共学になった元男子校に のネタバレ

女子になれていない男子たちは、性的に刺激的な体型をしている、元男子校のなかでただ一人の女子に対してセクハラ発言でコミュニケーションを取るようになるものの、その発言も華麗にかわし続けていたものの、段々と男子たちの行動はエスカレートしていき、男たちはたった一人の女子の体を求めるようになるのです。

エロい体は男子たちのオカズ。想像だけでは留まることができなかった男子たちは、体育の時間や休み時間にトイレなどで性的欲求を満たしてもらうようになっていくのです。

それは、自分の体で自慰行為をしたいという押しに負けてしまったことがきっかけで、押しに弱いという噂が回り、学校は制的欲求を満たすための場所になっていったのです。

自分の体に興奮したり、求める男子たちに主人公は悪い気はせず、求められたささげてしまう、男子にとって最高の性処理の道具としての役割を果たしていくのです。

読んでみた感想

男子たちに求められて、いやな気はしていないというシチュエーションがなかなかリアルです。

隙がないようでがっつり隙があり、押しに弱いとなったら男子たちも童貞を捨てるために躍起になるのも分かりますね。

普通の女子が、男子だらけの学校に入ったことでちやほやされて、求められるなら答えなくてはというように、だんだん乗り気になっていく姿に、男たちに利用されているだけではないため、逆ハーレムのような感じもして楽しめました。

性への関心が高まっている男子たちが、ようやくムラムラを解消されるという興奮がいやらしい言葉になってたった一人の女子に投げかけられて、言葉攻めもなかなかすごいです。

ムチムチボディで男子たちの処理として喘いでいる姿はとても官能的で、みんなが幸せそうなので乱れた性でも安心して楽しむ事ができました。

\ 無料試し読みは画像をクリック /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です