カラミざかり番外編~貴史と飯田~

カラミざかり番外編~貴史と飯田~

~ 気がつけば新山さんのクチにボクの・・・~

キキの感想

絵の綺麗さ: ★★★★☆
エロ度  : ★★★★☆
依存度  : ★★★★★
1話価格 : ★★★★☆

カラミざかり番外編~貴史と飯田~のあらすじ

カラミざかり本編の主人公である高成の友達貴史と、高成が恋心を抱いている飯田の夏休みの一こまが描かれている番外編です。
4人はちょっとした好奇心からセフレの関係になっており、毎日のように4人での乱交を堪能していました。

しかし、夏休みに入ると、高成は予備校で乱交に参加することが出来ず、高成抜きの三人で乱交を楽しんでいたものの、新山もこれなくなり、楽しみは終わりだと貴文はがっかりしていました。しかし、次の日、新山がこれないのを知っているのに、飯田は期待しているかのように、貴史の家を訪れたのです。

カラミざかり番外編~貴史と飯田~のネタバレ

性行為連続記録を二人だけで更新しようと張り切っている貴史に、飯田も乗り気。激しく絡み合い、時間が許す限り性行為を続けていた二人だったのですが、貴史は飯田のGスポットがどこかなとまさぐり始めたのです。

いつも以上に感じている様子の飯田に、貴史は興奮し、Gスポットを攻め続けると、なんと潮吹きをしてしまったのです。慌てる飯田だったのですが、貴史は味をしめ、汚れても良いようにと、お風呂で何度も潮吹きを味わい、次の日も二人きりで楽しもうと囁くのです。

読んでみた感想

貴史が飯田のことを開発した経路が見れるなんて感激です。飯田がされるがままに貴史に抱かれているかのように見えながらも、実は抱かれることを期待しているのが垣間見える、絶妙な関係性で描かれています。

ますます性行為の描写が激しくなっていて、お風呂での行為で、飯田が快楽におぼれてぐったりとしている姿がエロくて、行為中の描写も生々しいのですが、事後のちょっとした描写も描かれている為、リアルな交わりを見ているような気持ちになりました。
おもちゃを使ったりせずに、手だけで飯田を開発した貴史のテクニックにゾクゾクさせられます。

\ 無料試し読みは画像をクリック /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です