【1話~9話ナタバレ解説】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

~ 「私のほうが気持ちいいでしょ?」妻と比べる娘の抱き心地 ~

 

キキの感想

絵の綺麗さ: ★★★★★
エロ度  : ★★★★★
依存度  : ★★★★★
1話価格 : ★★★★☆

手塩にかけた娘が の魅力

アイドル並みにかわいい娘と血が繋がっていない、それなら犯してもいいだろうと、何にも知らない娘を犯した父。

しかしそんな父を娘は許し、それどころか毎日お父さんが気持ちいいと思えることをしてあげると、動画で勉強したテコキやフェラでご奉仕をするのでした。

母親には内緒の関係。

娘は自ら父に行為をねだるようになるのです。

思春期の性的な成長は早く、時には父をリードするようにもなるのです。

娘の父への愛情は強まり、父とずっと秘密の関係を続けると宣言するのです。

そして、父のことを裏切った母親への憎しみも口にするようになるのでした。

手塩にかけた娘が のあらすじ

血が繋がっていないなら体の関係を持っても問題がないと考え、歪んだ怒りから娘のことをレイプし、卑猥な言葉で娘をなじったものの娘はレイプされたことに驚いただけと父のことを許し、許したことを証明するために自らの体を使って性的な快楽を与えるのでした。

母の目を盗み、父との情事に明け暮れる日々。

娘はすっかりと騎乗位までマスターし、父との情事を続けていきたいと伝えるのです。

父と娘は互いの気持ちいいところを理解し、毎日体を求め合うのでした。

しかし、久しく夜を共にしていなかった妻が一緒に寝ようと誘ってくるのです。

バックで妻のなかに入ったものの、娘のものには及ばない感覚。行為が終わると妻は友達に会うとであるにも関わらず、出掛けていくのです。

次の日、娘は父の帰りを待ち受けていました。

父のものを自分のなかに招き入れたくてウズウズしていたのです。

母がいるにも関わらず、部屋でお腹の奥まで感じるほど突いてもらいながら、自分の方が母よりも気持ちいいでしょうとしきりに訊ねる娘。

父と母の関係は娘にとっては面白くなかったのです。

読んでみた感想

父親の娘とが大好きというのは冒頭から伝わっていたものの、レイプされたのに許してしまったり、自らの関係を求める姿には驚かされました。

父親に犯されているときに泣き叫ぶ少女から、自分のテクニックで父を射精させることが出来たことに無邪気に喜び、「お母さんとどっちが気持ちいい?」と聞いてしまうほどに性的に成長していくとは思いもしませんでした。

母親の淫乱な感じもまだまだ現役なのかなと思わせられるようなシーンもあり、妻を裏切っているという背徳感がなく、2人が裏切られた被害者として繋がっているようにも見えて切なさもあります。

恥じらいもなく気持ちいい体位を気持ちいいと言えてしまったり、自分の体で絶頂に達する姿を見て素直に喜べる無邪気さと時おりみせるSっ気ある言動のギャップを持ち合わせる小悪魔体質な娘と

奔放されていく父の関係は見ていて飽きることはありませんでした。

\ 無料試し読みは画像をクリック /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です